iMARe

iMARe推薦の声

イマレを推薦して頂いている方々の声です。

iMARe
宮山友明

​医師

プロフィール

1998年に千葉大学医学部医学科を卒業し、2008年に千葉大学大学院医学薬学部環境健康科学を専攻し、医学博士号を取得。

現在、千葉大学医学部附属病院循環器内科に所属し、心臓専門医として診療、研究を行いつつ、2017年夏より、新横浜に心臓リハビリテーション専門施設を併設した心臓内科・外科専門クリニックである新横浜ステーションクリニックを開設。

イマレを推薦する理由

近年、『健康寿命』という言葉が話題になっています。日本人の平均寿命は年々延びており、ついに男性も80歳を超えるまでに到達しました。しかしその一方で、寝たきりや自立した生活を送ることができない高齢者や障害者が非常に増えており、平均寿命から日常的・継続的な医療・介護に依存して生きる期間を除いた期間を『健康寿命』と呼んでいます。

「ピンピン、コロリ」と人生の最後まで元気でいられる、健康寿命=平均寿命となることが一番望ましいのですが、実際には男性で9年、女性で12年ほど健康寿命の方が短く、人生の最後に実に10年前後もの寝たきりの時間が待っているのです。

今まで私たち医療者は平均寿命をいかに延ばすかという「量」ばかりに気を取られ、いかに人間らしい、充実した時間の中で人生を全うするかという「質」を、少なからず置き去りにしてきました。心筋梗塞や脳卒中、整形外科疾患になっても急性期の治療を終えたら、後遺症があってもフォローはおしまい、よくて半年程度のリハビリテーションを提供して終了、というのが一般的だったのです。

 

いま、『健康寿命』を延ばし、人生の最後まで自立した生活を維持するためには、何より病気にならない「未病対策」と、病気になってしまった後の「機能回復」が求められています。

 

イマレでは、専門の理学療法士や看護師の指導のもと、重大な疾病を予防する生活習慣病対策のための「アスレティッククラブ」から、病気後のリハビリテーションのための「デイサービス」や「訪問看護」に至るまで、人生における連続的なサポート体制を敷いています。

 

すべてのプログラムは、ただ身体を動かすだけのリハビリテーションではなく、スポーツ医学などから集積した科学的データに基づいて最適化されており、今までになかった運動プログラムを体験できるでしょう。

 

現在、日野市を中心としたイマレの地域密着の新しいリハビリテーションデザインが、今後、全国の基本モデルとして拡がっていくことを期待しています。

iMARe
大塚玲

​選手

プロフィール

大塚玲(オオツカアキラ)

1981年8月24日生まれ    

日本競輪選手会神奈川支部所属

2004年7月2日 花月園競輪場デビュー

デビュー成績 1着、落車、1着

A級初優勝 2005年7月31日 京王閣競輪場

S級初優勝 2014年3月6日 四日市競輪場

今現在の勝利数 210勝

選手生活 18年目

僕は、競輪選手をしている大塚玲と言います。

僕がイマレと出逢ったキッカケは、練習中の交通事故で、復帰を目指している時でした。

今まで、強くなる為にウエイトトレーニングや自転車で長距離を乗る練習など、自分の体を酷使してトレーニングを積んできました。

そこから、イマレのトレーニングを始めると、今までとは経験した事が無い全く違った方法でトレーニングをするので、初めはとても戸惑い、体がキツいと言うよりも頭を使って体を動かす事が多いトレーニングなので、1時間のトレーニング時間で頭が疲労して大変でした。

でもそのお陰で、今まで自転車を乗る時に力を入れないと駄目だと思っていた事が、逆に力を抜いて自転車に乗る事が出来る様になって、とてもスピードが上がったんです。


本当にこれにはびっくりして、競輪選手になって17年になりますが、初めての感覚でした。自分のスキルがアップした事で、レベルもワンランクアップしました。

今まで、かなり練習を積んだ僕ですら、イマレでのトレーニング効果は実感出来ましたし、ハードなトレーニングでは無いので、子供から運動不足の大人の人達でも、気軽に始められるトレーニングだと思います。

イマレが無ければ、今頃選手を引退して、違った道に行っていたと思うほど、この出逢いは僕にとってのターニングポイントでした。

いつもトレーニングを指導してくれる大滝君、イマレの代表の岩館さんには本当に感謝しかありません。

トップを目指して頑張って行きますので、これからも宜しくお願い致します。

iMARe
渡部博文

​選手

プロフィール

渡部博文(ワタナベヒロフミ) 1987年7月7日生まれ

2008年 専修大学在籍中に柏レイソル特別指定選手に登録

2010年 柏レイソル正式加入

2015年 ベガルタ仙台移籍

2016年 ヴィッセル神戸移籍

2021年 レノファ山口移籍

タイトル FUJI XEROX SUPER CUP優勝

天皇杯全日本選手権大会 ヤマザキナビスコカップ

レノファ山口の渡部博文です。

私は今まで身体の大きい選手に負けないように沢山の筋トレをすることで対抗してきました。

その影響もあり、筋肉系のケガや足首の捻挫に悩まされた時期がありました。

しかしイマレのトレーニングを体験し、パワーに頼りすぎるのではなく、柔軟性を使い「自分の身体を思うように動かす」重要性に気づくことができました。

私はそこから今まで行ってきたトレーニングを見直し、いかに身体をスムーズに、そして柔軟に対応していくかという思考に変化していきました。

変化を加えたことで、身体のムダな力みが取れ瞬発力やスピードがより高まり、試合でパフォーマンスが向上。

その結果、ケガが圧倒的に減り1試合の疲労度の波がなくなりました。

もちろん、初めからできたわけではありません。
たくさんの失敗を繰り返し、無意識で身体が動くようになるまで反復したことで徐々にできるようになっていきました。

イマレのトレーニングは間違いなく、ケガに悩まられるアスリートのサポートになります。選手寿命が伸びます。

私のサッカー人生に進化をもたらせてくれた大滝くん、岩館社長のサポートにとても感謝しています。

30代でもまだまだ成長していきます!

iMARe
​鈴木尚広

​さん

プロフィール

鈴木尚広(すずきたかひろ)

1978年4月27日生まれ

1996~2016年読売ジャイアンツでプレー

2019年読売ジャイアンツ一軍外野守備コーチ

【通算成績】 

1130試合 355安打 10本塁打 打率0.265

228盗塁(うち代走での盗塁数132)

※代走での盗塁数132は、日本プロ野球記録。

引退後は自身が代表理事を務める鈴木尚広ベースボールクリニック(TSBBC)を立ち上げトレーナーの育成に全力を注ぐと共に本年度より新しい試みとしてYouTubeにて鈴木尚広公式チャンネルSwiftrunnerを配信、スポーツの魅力、野球の奥深さなどを伝える活動をしている。

元読売ジャイアンツの鈴木尚広です。

 

20代前半は怪我ばかりでしたが岩館社長との出会いで私の野球人生は劇的な変化を遂げ大きな力と喜びを与えていただきました。

 

私が野球界で代走での日本記録を樹立できたのも岩館社長、イマレのスタッフの献身的なサポートによる賜物と月日が経っても感謝がより深くなってます。

 

イマレの素晴らしさは岩館社長はじめスタッフがプロフェッショナルであることです。

常にクライアントに寄り添い、自分達に何ができるかを考えて行動している。だからこそ利用者さんやアスリートにとって機能を回復する場というだけでなく、安心できて居心地の良い雰囲気がイマレには存在しています。

 

イマレに出会えて本当に良かったと思います。

 

これからも数多くのアスリートにパフォーマンスの最大化とトレーニングの重要性を伝えてスポーツ界に大きく貢献していただきたいです。

iMARe

株式会社 イマレ

191-0053 東京都日野市豊田4-37-12

Tel 042-514-9086

Fax 042-514-9087